初詣参拝日本一の明治神宮及び代々木公園の観光名所について

初詣の参拝が日本一の明治神宮及び代々木公園界隈の観光名所につきまして説明いたします。

明治神宮は渋谷区の神宮前という地名にあります。この神宮は名称からもお分かりかと思いますが、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社で内苑を中心に、聖徳記念絵画館を始め数多くの優れたスポーツ施設を持つ外苑と、結婚式とセレモニー、パーティー会場の明治記念館とからなっています。内・外苑一帯にわたって鬱蒼と茂った緑したたる森は、明治神宮の建立にあたり、全国から献木された10万本、365種の木々からなる人工林です。

面積は70万平方メートルにもおよびまして、憩いの場所として親しまれています。明治45年7月30日に明治天皇、大正3年4月11日には昭憲皇太后が崩御されましたが、大正9年11月1日(1920年)に特にゆかりの深い地として、現在の地に建立されました。
初詣は日本で一番多く約320万人もの人であふれています。
明治神宮に隣合わせた場所に代々木公園が広がります。面積は54ヘクタールにも及ぶ広大な公園です。元々は軍隊の「代々木練兵所」という訓練のための広場でしたが、第二次世界大戦後はアメリカの占領軍の施設でした。その後、東京オリンピック時には選手村として利用されまして、現在は都の管理する公園となっています。代々木公園では定期的にフリーマーケットや野外ホールのライブなども行われております。

この代々木公園の周辺の通りでは、1980年代は歩行者天国として開放されておりました。その当時は「竹の子族」と呼ばれるストリートパフォーマンスをするグループが集まり、そのグループ目当てのファンや、見物客で大変な賑わいでした。全盛期には約50のグループと、見物人が10万人も集い「ホコ天」という名称で呼ばれていました。現在もテレビで活躍している柳葉敏郎、哀川翔などは、「一世風靡」というストリートパフォーマンスで人気のグループの一員でした。

代々木公園には、「国立代々木競技場」がありまして、バレーボールやフィギュアスケートも行われるスポーツ施設です。この近くには「岸記念体育館」もあります。この体育館は日本体育協会長の二代目の岸精一により寄進された体育館です。現在は、日本体育協会を初めとして、日本体操協会など、スポーツ協会の事務所の大半が入居しています。

代々木体育館の南側は「NHK」村です。NHKホール、NHKスタジオパーク、NHK放送センターがあります。NHKスタジオパークでは、NHKの歴史や歴代の大河ドラマなどの写真が展示されています。また、実際の収録の現場も少しばかりですが見学できます。夏休みなどは家族で楽しめますね。

明治神宮及び代々木公園は緑あふれる公園で各種のスポーツも楽しめるエリアですね。

鍼灸 専門学校

残業代

宅配 牛乳 森永

大型二種免許

インゴットの買取強化中!